お礼参り

卒業の頃となると「お礼参り」は最近では少々怖い言葉ですが、本来の意味でのお礼参りをして来ました。

画像


一つは長男の就職、もう一つは三男の大学受験です。

二人とも何とか合格させていただきました。

長男は某市役所に合格しました。


画像


画像



三男は中学受験で第一志望には入れませんでしたが、結果的には良いご縁で学校に恵まれ、気持ちよく中高6年を過ごさせて頂いたと思います。もちろん悩みや壁にぶち当たった事もあったと思いますが、暖かな校風、先生方、友人、先輩、後輩の方々に支えて頂き6年間を悔いなく過ごすことが出来たのではないかと感じています。

「リベンジ」という言葉がよく使われます。筆者はこの言葉はあまり好きではありません。昔英語を習っていたオーストラリア人の先生に「この言葉は非常に強い言葉で、あまり使わない方が良い」と言われた事を覚えています。三男が第一志望には入れなかった事で今回の受験を「リベンジ」ととらえて取り組んだのでは無いと思っています。



非常に魅力的な先生の母校にあこがれ、神奈川県アメフト・クリニックに教えに来て頂いた大学のチームの優しい方々とのふれあいから切望しチャレンジしていたと思います。



このブログに何回か書いておりますが、筆者は単身生活をしており普段は三男と直接ふれあうことが無かった1年ですが、折に触れてメールを寄こして来た事から思いがけずメールでのコミュニケーションがありました。何度となく筆者から伝えたのは、結果だけを求めるのではなく、この1年を一生の宝となる様なチャレンジにして欲しいという事です。自分を内面から客観的に捉えられる様にという事でした。



受験後話をしてもまだまだ子どもだなと感じてはいますが、おそらくこの1年のやりとりの様な事はもうないかなと思うと少々寂しい気がします。


憧れて入学したとしてバラ色の生活ではないはずです。様々な葛藤、挫折があると思いますが、短いながらもこの1年のチャレンジを糧として今後も取り組んで欲しいと思っています。これはもちろん長男も同様です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まじっくばすーん
2013年03月30日 08:46
改めて、おめでとうございます。

皆さんの実り多い今後をお祈りしています。
2013年03月30日 12:47
どうもありがとうございます。

今度子ども会(?)やりましょう!

この記事へのトラックバック